がん予防 食事 で 改善 もっとも有効な 野菜 果物 摂取法

がん予防 食事 で 改善 もっとも有効な 野菜 果物 摂取法! がん の原因の約...


がん予防 食事 で 改善 もっとも有効な 野菜 果物 摂取法

がん予防 食事 で 改善 もっとも有効な 野菜 果物 摂取法!

がん の原因の約50%は口を経由する 食事 やアルコール、
添加物を含んだ食品にあるといわれています。

がん予防 にもっとも効果を発揮するのが 食事 による 改善 。

特に 野菜 や 果物 など食物酵素を多く含む 食事 は、
がん予防 には効果的です!

がんにならない毎日の食習慣』(祥伝社黄金文庫)の
著者で、PET専門施設「西台クリニック」の済陽高穂院長が
がん予防 の 食事 について語っています。

食事野菜

がん予防 食生活改善6つの目標、もっとも有効な“予防法”

消化器外科医として大学病院、都立病院などで
長年がん治療にかかわってきた済陽院長は、
16年前から手術できない再発・末期がんに
食事 療法を積極的に取り入れてきたとのこと。

実際に 野菜 や 果物 を中心とした 食事 療法
がん予防 に摂りいれた結果、

がんの縮小、消滅におけるその主な部位別の有効率は、
乳がん・前立腺がん75%、大腸がん・肝臓がん70%、
胃がん・悪性リンパ腫60%、すい臓がん・子宮がん・
卵巣がん50%、肺がん・胆道がん40%という結果に。

この結果を見ても、 食事 療法がいかに有効な治療法
なのかが見て取れますね。

済陽院長は「 がん予防 では、これぐらいは習慣づけて
もらいたい」と次のような食生活のポイントをあげている。

まず、毎朝、 野菜 や 果物 の生ジュースを飲むこと。
どんな病気においても 食事 療法で最も重要になる
根幹は「野菜・果物の大量摂取」だそう。

人間は、もともと草食動物だそうで、1日1キロを目安に
半分は生ジュースで、残りは生野菜や温野菜で摂るのが
良いとのこと。

生の野菜や果物には食物酵素が多く含まれているので、
体内の消化酵素を使わず体に負担をかけない分、代謝
酵素にまわせるので、体内の毒素を出すことが出来るん
ですよね。

また、塩分は1日5グラム未満に抑えるとよいとのこと。
調理の場合には減塩塩、減塩しょう油をほんの少し
風味づけに使う。刺し身などは減塩しょう油を酢や
レモン汁で割って使う。あとはダシを効かせたり、
香辛料や香味野菜を活用すると良いそうです。

また、ご飯は白米ではなく、週2、3回は玄米や
五穀米のご飯にすると良いとのこと。

玄米のぬかや胚芽には抗がん成分やビタミンB群が
豊富に含まれているそう。

玄米や五穀米、また海藻類やキノコ類といった縄文時代に
近い 食事 内容が がん予防 ・抑制に非常に効果的とのこと。

その他、肉などの動物性食品も生活習慣病を引きおこす
原因となるので、すぐにやめるのは難しいでしょうが、
週2~3回にするほうが体にはいいですね。

欧米の食文化の影響で、リッチな 食事 ばかりしていると
がんなど生活習慣病を引きおこしてしまうので、食生活も
徐々に見直していくといいですね。

すべてを一気にやろうとするとストレスがたまって
良くないので、一つずつ自分の出来る範囲で、
摂り入れていくことオススメします♪

野菜酵素

おいしく飲む。「健康」「キレイ」毎日酵素野菜

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事