沢尻騒動 行定監督 「映画がかわいそう」 沢尻エリカ

行定監督は「いろいろな報道があるけど、映画を見てほしい。映画がかわいそう」と本音を漏らした。


沢尻騒動 行定監督 「映画がかわいそう」 沢尻エリカ

 【釜山6日=近藤由美子】「沢尻騒動」に揺れる映画「クローズド・ノート」の行定勲監督(39)が釜山映画祭に出席し「映画がかわいそう」と話した。主演女優沢尻エリカ(21)が不機嫌な態度で公開初日舞台あいさつに臨んで以来、初めて取材に応じた行定監督はファンへの謝罪も口にした。公開日までの沢尻の奮闘を知るだけに、かばいながらも不機嫌な態度ばかりに注目が集まる現状に戸惑いを見せた。
aaaa_p.jpg

 「クローズド・ノート」は釜山映画祭の特別招待作品として上映。野外上映会場のチケット5000枚が即日完売するほどの人気だったが、騒動の余波による混乱を避けるという理由で、沢尻の欠席が決まった。同会場では前日「HERO」が上映され、主演木村拓哉(34)が歓迎を受けた。主役抜きの「クローズド-」は、行定監督、東宝の臼井央プロデューサーが観客の前に立った。

 行定監督は「世界初披露が韓国でうれしい」と感激したが、沢尻の欠席について「惜しいな、と思う。本当は出演者が出ている方が分かりやすいでしょう。1人で緊張もするしね」と、苦笑いで複雑な胸中を明かした。

 沢尻が不機嫌な態度で臨んだ9月29日の初日舞台あいさつで、行定監督は「女優としてすごい成長を見せた」などと、主演女優をたたえた。その場を繕うためでもあったが、沢尻の努力も知っていたからこそフォローした。撮影現場でとことん話し合い、全国キャンペーンはそろって8カ所回った。この日も日本からの取材陣を前に「キャンペーンには常に彼女もいた。何度も同じことを聞かれるけど、精力的にやってくれた。満足しています」と振り返った。

 公開初日の不機嫌の理由は「よく分からない」と首をかしげた。「あの舞台あいさつがあったのは朝イチでしょう。最初の観客の方々には申し訳ないと思います」とファンにわびた。一方、騒動にばかり注目が集まる現状に「いろいろな報道があるけど、映画を見てほしい。映画がかわいそう」と本音を漏らした。

 行定監督は3日に釜山映画祭入りしたため、沢尻が涙で謝罪したテレビインタビューは見ていない。「これまでで一番キャンペーンを多くやった」と話すほど作品に力を注いできただけに、誰よりも後味の悪さを感じている。

[ニッカンスポーツ.com2007年10月7日(日)09:47]

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事