倉木麻衣 待望のニューシングルは両A面

倉木麻衣、待望のニューシングルは<2007アジアソングフェスティバル>で初披露された両A面


倉木麻衣 待望のニューシングルは両A面

%E5%80%89%E6%9C%A8%E3%81%BE%E3%81%84.jpg

前作「Season of love」発売後、様々な活動を展開してきた倉木麻衣。

6月には、中国・韓国・日本のプロサッカーリーグチャンピオンが対戦する
<A3 CHAMPIONS CUP 2007>公式テーマソングを手掛け、
中国でのオープニングイベントでは、書き下ろしの新曲「Born to be Free」
(発売未定)を初披露し中国全土に生中継。
台湾では、台湾最大・最高の音楽賞<金曲奨>にてプレゼンテーターを務め、
同時に「Secret of my heart」をピアノの伴奏のみで聴かせた。

更に9月には韓国の国際文化産業交流財団が主催するイベント
<2007アジアソングフェスティバル>に出演、韓国から東方神起、李孝利(イ・ヒョリ)、
SG WANNA BE、台湾からF4など、アジアのトップ・アーティストが招かれる中、
日本代表としてその歌声を披露し、大歓声を浴びた。

今回リリースされる両A面シングル中の一曲は、
この<2007アジアソングフェスティバル>で初披露された
「Silent love~open my heart~」。
表現力を増した彼女がしっとり歌いあげる、ウィンターソングにぴったりなバラードです。

もう一曲の「BE WITH U」は、海外での活動も広がりつつある彼女にとって“国境と
言葉を越えて盛り上がれる曲、ひとつになれる曲を作りたい”との想いから生まれた
キャッチーなアッパーチューンとなっている。

%E5%80%89%E6%9C%A8%E3%81%BE%E3%81%842.jpg

『Silent love~open my heart~ / BE WITH U』
初回盤:「Feel fine! ~acoustic live ver.~」DVD付
VNCM-6002 \1,260 (tax in)
1. Silent love~open my heart~
2. BE WITH U

通常盤:
\1,050 (tax in)
1. Silent love~open my heart~
2. BE WITH U
ちなみに当シングルの初回盤には特典DVDが付き、
この夏行なわれたファンクラブ・イベントで好評を博した
「Feel fine! ~acoustic live ver.~」の映像を楽しむことができる。

2007年は海外での活動がめだった倉木麻衣だが、秋にはキャンパスLIVEを、
11月には初の海外公演となる台湾でのライヴを行ない、その後ツアーから
カウントダウン・ライヴへと、攻めのスケジュールがびっちり。
日本からアジアへその地位はさらに大きくなっていくようです。

<キャンパスLIVE>
10月27日(土):立命館大学
11月2日(金):横浜国立大学学園祭
11月3日(土):中央大学学園祭

<海外公演>
11月23日(金・祝):台湾・台北
国立台湾大学総合体育館

<ツアー>
12月12日(水)愛知厚生年金会館
12月13日(木)グランキューブ大阪
12月21日(金)東京国際フォーラム ホールA
12月31日(月)某所カウントダウンライブ

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事