英会話学校 スピードラーニング 英語 教材 など ビジネスマン に人気

英会話学校 スピードラーニング 英語 教材 など ビジネスマン に人気! 【英語...


英会話学校 スピードラーニング 英語 教材 など ビジネスマン に人気

英会話学校 スピードラーニング 英語 教材 など
ビジネスマン に人気!

【英語・英会話教材】 スピードラーニング 英語1~16巻一括セット

最近、社内で使う言葉を 英語 にする企業が多く、
英会話学校 のビジネス英語講座や、プロゴルファー
石川遼選手が利用する スピードラーニング 英語
教材 が人気だそう。

英会話学校 が次々と倒産する一方で、
国内消費が芳しくないため、海外の市場に
活路を見いだそうとする企業は多いそう。

勤務先で使う言葉がいつ 英語 になるか
分からないため、万が一に備えてと 英語 を
勉強する ビジネスマン が増えているそうです。

英会話学校英語 教材

「とにかく英語を!」英会話学校にサラリーマン殺到

ベネッセグループの有名 英会話学校 ベルリッツ
ジャパン(東京)では、夏季限定のビジネス 英語
講座への申し込みが急増しているそう。

実数は公表していないものの、6月15日~7月15日
までの1カ月間で、申し込みが昨年の2・4倍に達した。

この講座では、夏休みを利用して、講師がマンツーマンで
ビジネス 英語 を指導。50回のレッスンを最短5日、最長
4週間で受講できる「50レッスン(総額26万8000円~)」
に加え、今年は最短3日、最長4週間の「25レッスン
(14万1250円~)」も新設したとのこと。

「通常なら6カ月かかる一般的なコースを、最短3日で
終えることができる」のがウリとのこと。

「ユニクロ」ファーストリテイリングや楽天などの
有名企業が、相次いで 英語 を社内公用語に
していることも追い風となっているそうで、

「とにかくビジネス 英語 を始めたい」という
ビジネスマン 達が新設の25レッスンに殺到
するという現象が起きている。

英会話学校 を全国展開するイーオン(岡山)でも
必要に迫られたサラリーマンから講座についての
問い合わせが増えているそう。

ビジネスマン はもちろん、就職活動を有利に
進めるため、TOEICなどの資格を取得して、
今のうちにスキルアップしておこうとする学生も
多いようで、「入会希望者数は前年に比べて
3~5%増加している」とのこと。

また、プロゴルファーの石川遼選手が利用
していることで知られる通販 英語 教材
「 スピードラーニング 」も人気だそう。

英語耳を作ろうと スピードラーニング を
購入する人が増えているとのこと。

この 英語 教材 は、英語を社内公用語にする
楽天が社員向けに販売しており、このことも
販売増につながっているそうです。

英語 を社内公用語にしていないくても、
最近では、入社試験で TOEIC スコアなど、
英語 能力を重視している企業が多いですよね。

英語 が話せて当たり前になりつつある時代、
ビジネスマン にとっては必須資格になるかも
しれませんね。

今のうちから英語のスピーキング・リスニング力を
磨いておいたほうが良さそうです!

英会話学校英語 教材

英語が自由に話せるようになり、TOEIC の点が確実に上がる待望の英語習得システム(特許申請中)英語 教材

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事