赤福 を 腐らせた 同族経営

創業300年「赤福」を腐らせた同族経営。


赤福 を 腐らせた 同族経営

Akafuku-Mochi2.jpg
赤福餅よ、おまえもか――。農水省から製造日の偽装表示を指摘された三重の老舗和菓子店「赤福」。浜田典保社長(45)は「私どもの認識不足。消費者を欺こうという考えは一切なかった」と釈明したが、2カ月前には「白い恋人」の賞味期限改ざんが発覚したばかり。
この時点でチェックしなければウソだ。

赤福は主力商品「赤福餅」の「謹製」日付に製造年月日ではなく、製造後に一度冷凍した商品を解凍した日付を表示していた。不正のあった商品は全生産量の約2割に上る。

「長いものでは冷凍後2週間も放置された商品もありました。しかも、一度配送に回した商品を再び冷凍していた疑いまで浮上しています」(農水省関係者)

 こうした不正表示は1973年から34年間も常態化してきた。そのくせ、赤福は「製造したその日限りの販売」を商品の最大のウリにしてきたのだ。

 赤福は今年が創業300周年。今や年商85億円を誇る企業に発展したが、旧態依然の同族経営がはびこってきた。

「創業来、一度も創業家の浜田一族は経営権を手放したことはない。05年まで37年間にわたり、先代社長の益嗣氏(70=現会長)がワンマン経営を敷き、長男の典保氏が11代目社長を継いだばかり。実質的には益嗣氏の“院政”が続いていました」(地元関係者)

 典保社長は慶大卒で三越に入社。その後、赤福に戻った。今年8月、四日市市内の若手経営者が開いた勉強会に参加した時は「企業の法令順守」についてエラソーに語っていた。

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事