南海電鉄 ベビーカー 挟み込み事故 発生

南海電鉄で男児を乗せたベビーカーがドアに挟まれる事故が発生!


南海電鉄 ベビーカー 挟み込み事故 発生

またもや、ベビーカーが電車のドアに挟まれる事故が発生しました。

堺市東区の南海高野線萩原天神駅で普通電車が男児(1)を乗せたベビーカーを
ドアに挟んだまま発車して母親(38)が軽傷を負った事故で、ベビーカーは、
ホーム先端に設置された転落防止柵から電車までわずか約72センチのすき間を
通り抜けていたことが分かった。
乗客が手や顔を出した場合の接触を防ぐため、柵と車両の間にすき間が設けられていた。
ベビーカーと柵が接触していれば、不測の事態も考えられた。
南海電鉄は「すき間が幸いし、最悪の事態を回避できた」と話している。

%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E4%BA%8B%E6%95%85.jpg
(毎日新聞)

どうして駅員さんは気づかないんでしょうか?
その男児は奇跡的に無傷だったとのことですが、もしも鉄柵にぶつかっていたら・・・
と考えるとゾッとします(×_×;)
早急に再発防止の対策をお願いしたいですね!

事故は20日午前10時10分ごろ、同駅下りホームで発生。
難波発河内長野行き普通電車(6両)が、ドアにベビーカーの取っ手を挟んだまま発車し、
宙づりの状態のまま134メートル走行した。

 南海電鉄によると、転落防止柵は、高さ121センチ(コンクリート製土台23センチ、
鉄製の柵98センチ)で、乗降客の転落を防ぐためホームの端に設置されている。
乗客が車窓から手や顔などを出しても接触しないよう、ホームの端から土台まで55センチ、
鉄柵まで62センチのすき間がある。

一般的に電車とホームとの間は約10センチあり、事故当時は電車と土台の間で約65センチ、
電車と柵の間で約72センチのすき間しかなかったことになる。

 同社IR広報部は「事故当時のベビーカーの傾き具合は分からないが、
ほんのわずかなすき間を奇跡的に通り抜けたと考えられる」と話している。

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事