早大 が3連覇 斎藤佑樹 は15奪三振で初完封

<東京六大学野球>早大が3連覇 斎藤は15奪三振で初完封


早大 が3連覇 斎藤佑樹 は15奪三振で初完封

1031saitouyuki.jpg

早大先発の斎藤佑樹投手が、15奪三振の好投で初完封し、
東京六大学野球の秋季リーグ戦、3季連続40回目の優勝を果たしました。

『  好投する斎藤投手の様子はこちら
 』

♪応援クリックお願い致します♪
『 人気ブログランキング 』

東京六大学野球の秋季リーグ戦最終日は30日、神宮球場で早大・慶大3回戦が行われ、早大が序盤の集中打と機動力で3連投の慶大・加藤幹(4年・川和)を攻略して快勝、3季連続40回目の優勝を果たした。

早大先発の斎藤(1年・早実)は、15奪三振の好投で初完封。春秋連続の最多勝タイとなる4勝目を挙げ、防御率0.78も断然1位の活躍で、通算30勝を挙げた加藤幹を抑え、2季連続でベストナインも射止めた。最終順位は2位が明大で慶大は3位。法大4位、立大5位、東大6位となった。

 首位打者は早大の田中幸長(4年・宇和島東)が56打数22安打(打率3割9分3厘)で獲得。毎日新聞社からブロンズ・トロフィーが贈られた。田中幸は本塁打、打点でもトップで01年春の鳥谷敬(早大-阪神)以来、戦後12人目の打撃3部門トップの成績を記録した。

 ◇初回に一挙4点で大勢決し、斎藤も完封劇…3連覇の早大

 早大は、立ち上がりの鮮やかな速攻で開学125周年の節目の年に40回目のリーグ制覇をたぐり寄せた。

 慶大のマウンドは3連投を買って出た加藤幹。直前の2試合で計14回、193球を投げている。先頭で四球出塁の上本が球威、制球不安の加藤幹を揺さぶるようにすかさず二盗。バント処理ミスを誘って無死一、三塁とし、松本が右前適時打。さらに打撃妨害で築いた1死満塁で本田が走者一掃の二塁打。二回には四死球に3安打を絡めて加点し、早々と大勢を決した。

 敗れればV逸の重圧を解き放たれた斎藤は「初回の得点が大きかった。調子は悪かったが、とても投げやすかった」と2者連続見逃し三振のスタート。制球のよい変化球でカウントを整え、速球で打ち取る久々、会心の投球で八回まで毎回の15奪三振の力投を見せた。

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事