浦和 引き分け も貴重な アウェイゴール 獲得

アジア王者を決めるアジアチャンピオンズリーグ準決勝が行われ、浦和レッズがアウェイで城南一和と対戦。


浦和 引き分け も貴重な アウェイゴール 獲得

アジア王者を決めるアジアチャンピオンズリーグ準決勝が行われ、浦和レッズがアウェイで城南一和と対戦。敵地ながら、FW田中達也、MFポンテのゴールで一時は逆転。最後は粘りきれず同点に追いつかれたが、2-2の引き分けに終わった。貴重なアウェイゴールを上げ第2戦に向け、非常に有利な形で折り返した。

 両チームともに国内王者で現在も首位に立つなど、日韓を看板を背負った両チーム。国の威信をかけた激しい一戦となった。試合開始 10分、早くも試合が動く。最終ラインのDF坪井慶介が、雨でぬかるんだグラウンドに足をとられ、ボールコントロールに失敗すると、ボールを奪いカウンター。個人技に長けたFWイタマルがドリブルで持ち込み、最後はFWモタが落ち着いてゴール右に流し込んだ。

早い時間に先制された浦和だが、決して慌てなかった。MFポンテの組み立てに田中、ワシントンの両ツートップが積極的にボールに絡んで、チャンスを作る。 17分にはその三人のパス回しで最後は田中が左足でシュートを放つ。相手GKに止められるも、城南一和の守備陣を完全に崩した見事な展開だった。

 さらに40分。またしてもポンテから決定機が生まれる。右サイドからワシントンへクロス。DFを背負いながらもシュートまで持ち込みゴールを襲った。。ただ城南一和も集中力は切らさずゴールは許さず、試合は後半へ持ち込まれた。

 前半とは一転、後半は両チーム共に激しく打ち合う展開に。そして浦和に待望の同点弾が生まれる。ポンテの絶妙なクロスに田中がヘッドで合わせ、貴重なアウェイゴールを獲得した。

 一方、同点に追いつかれた城南一和は焦り、より攻撃的に振る舞い浦和ゴールを襲った。ただ決定的なチャンスをがゴールバーに当たるなどツキに見放された。すると流れは二転して浦和へ。ワシントンが倒されPK獲得すると、ポンテが決め逆転に成功した。

 このまま逃げ切ろうと守備的になった浦和に対し後がなくなった城南一和が猛攻。80分、昨季KリーグMVPのキム・ドヒョンが同点ゴールを決め試合を振り出しに戻した。それでもアウェイゴール2点を奪った浦和。第2戦は24日ホームの埼玉スタジアム。有利で試合を進めることは間違いない。

<浦和レッズ>
GK 都築龍太
DF 坪井慶介→(66分 堀之内聖)、田中マルクス闘莉王、阿部勇樹
MF 山田暢久→(90分 細貝萌)、ポンテ、鈴木啓太、平川忠亮、長谷部誠
FW 田中達也→(83分 永井雄一郎)、ワシントン

提供:livedoor スポーツ

第2戦は、勝てば無条件で決勝進出だけど、1-1 でもOK勝ちだね。

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事