さらば ノリック … 1万8000人が 追悼

全日本ロードレース選手権最終戦決勝で、観衆1万8000人と関係者が阿部さんの冥福を祈った


さらば ノリック … 1万8000人が 追悼

1022norikku.jpg
全日本ロードレース選手権最終戦決勝(21日、鈴鹿サーキット=1周5・821キロ)、シリーズ最終戦のレース前に、今月7日に交通事故死した阿部典史さん(享年32)への黙とうが捧げられ、観衆1万8000人と関係者が“ノリック”の愛称で親しまれた阿部さんの冥福を祈った。

♪応援クリックお願い致します♪
『 人気ブログランキング 』

最高峰のJSB1000クラスは午前と午後に2レース行われ、英国スーパーバイク2連覇の清成龍一(TEAM HRC・ホンダ)が両レースで優勝。年間王者には渡辺篤(ヨシムラスズキwithJOMO・スズキ)が輝いた。
 ノリックの“追悼レース”に集まったファンは1万8000人。大勢の観客が早すぎる死を悼んだ。午前10時50分、ピットロードで全選手が、スタンドの観客と1分間の黙とうを捧げた。
 阿部さんが一貫して乗り続けたヤマハのブースには献花台が設置された。前日午前7時30分の開門時には行列ができ、開門と同時に献花台に走るファンが続出。花だけでなく、メッセージ、イラストなどで埋め尽くされた。5000人分用意された芳名帳も足りなくなるほどだった。
 本来なら阿部さんの勇姿が見られるはずだった。今季から国内のJSB1000クラスに参戦。ランキング3位につけ、鈴鹿での逆転優勝を狙っていた。「ノリックを楽しみにチケットを買ったのに、こんなことになるなんて」とは大阪市在住の男性ファン。都内で行われた通夜・告別式に参列できなかった西日本を中心に、全国からファンが駆けつけた。
 多くのライダーが喪章をつけた。総合2位になった安田毅史もその1人。「メーカーは違っても、同じ仲間です」。ホンダに乗る安田も、黒い腕章を巻いて力走した。
 献花台前には96年に鈴鹿で行われたロードレース世界選手権(WGP)日本GPで優勝した時に戦ったゼッケン9の「YZR500」など3台のマシンが展示された。伝説をつくった希代の天才ライダーはファンの記憶に永遠に生きる。

『 二輪レーサーの阿部典史さん交通事故死 - 産経新聞(8日) 』

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事