宮沢りえ 浅田次郎 原作 オリヲン座からの招待状

宮沢りえ、加瀬亮と演じる微妙なラブ“大人の関係”はあったのか観た人の判断で…


宮沢りえ 浅田次郎 原作 オリヲン座からの招待状

宮沢りえ、加瀬亮と演じる微妙なラブ“大人の関係”はあったのか観た人の判断で・・
rie.jpg
2人の関係については映画を観た人のご想像にお任せします 

11日、浅田次郎原作の短編小説を映画化した『オリヲン座からの招待状』の完成記者会見が行なわれ、宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄、原作者の浅田次郎、監督の三枝健起ら総勢8人が登壇した。

 本作で宮沢が演じるのは、映画館オリヲン座の館主である夫の松蔵(宇崎)亡き後、弟子の留吉(加瀬)と2人で映画館を守り続ける妻トヨの役だ。未亡人であるトヨと、松蔵の弟子であった留吉、この2人の関係に陰口をたたく者もいたが、お互い助け合って映画館を営んでいく。

 そんなトヨと留吉の関係について宮沢は「2人の間はプラトニックだったのか、純愛だったのか、男と女の関係があったのか、台本に書かれていなかったので、みんなそれぞれいろんな思いを持ちながら現場で演じていました。わたしがどう思って演じていたかはここでは言いたくありません。観た方にそれぞれ感じてほしいです」と含みを持たせる意味深な発言。それを受けて加瀬も「現場で自分の中に生まれたきれいな気持ちも、やましい気持ちもすべて素直に出して演じた」とこれまた微妙な答え。トヨと留吉はそれほど多くの会話を交わさないが、お互いを思いやる2人の姿からにじみ出る「言葉にならない会話」が、観る人の数だけ解釈を生み、それが深い感動を引き起こすようだ。

 『オリヲン座からの招待状』は、京都の小さな映画館オリヲン座を舞台に、映画館を守り続けたトヨと留吉の奇跡の愛を描く。病に倒れたトヨ、そして閉館する映画館で最後の上映をするラストシーンに原作者の浅田は「不覚にもわれながら信じられないくらい涙を流してしまった。こんなに泣いたのは小学生以来」と言うほど感動したという。


『オリヲン座からの招待状』は11月3日より全国東映系ほかにて全国公開

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事