宮沢りえ 主演映画 完成記者会見

宮沢りえ「瞬発力よりも持続的な愛」『オリヲン座からの招待状』完成記者会見


宮沢りえ 主演映画 完成記者会見

miyazawarie.jpg
京都を舞台に、時代に翻弄されながらも映画館を守り続ける2人の男女の愛を描いた『オリヲン座からの招待状』。10月11日(木)に本作の完成記者会見が行われ、主演の宮沢りえに加瀬亮、宇崎竜童に樋口可南子、原田芳雄、中原ひとみ、そしてメガホンを取った三枝健起監督に原作の同名小説を手がけた浅田次郎が出席した。

宮沢さんは「三枝監督とは16歳の頃からドラマを作ってきまして、今回は初めての映画作りでしたが、ぶつかったり泣いたり笑ったり、激しい感情の流れの中で、良い作品ができたと思います」とコメント。夫亡き後、加瀬さん扮する留吉と映画館を守り続けるトヨを演じる上で「これまで“瞬発力”を大事にしてきたんですが、今回の台本を通じて“持続力”というものの素敵さを意識しながら演じました」と語る宮沢さん。加瀬さんとのシーンについては「トヨと留吉の間にあったのはプラトニックな純愛なのか? それとも男女のそれなのか? 台本には書かれていないので、それぞれにいろんな思いをもって演じるのが面白かったです。私がどう思って演じたかはここでは言いませんが、観た人が自由に感じてくだされば、と思います。加瀬さんとは、たくさんのセリフを交わすわけではなく、無音の中で会話していることが多くて、それが新鮮でした。言葉にならない会話ができることが楽しかったです」と充実した表情で語ってくれた。ちなみに宮沢さん自身の映画館にまつわる思い出を聞いてみると「私は覚えてないんですが、 3歳か4歳の頃に母に初めて連れて行ってもらった劇場で『ピンクパンサー』の音楽に合わせてスクリーンと自分の席を行ったりきたりしながら踊っていたそうで、母は顔から火が出るほど恥ずかしかったと言ってました」と照れくさそうに明かしてくれた。

年をとってからのトヨと留吉を演じた中原さんと原田さんはともに、劇中に登場するような映画館に対し強い思い入れを持っているようで「『あぁ、あの頃私も映画に出てたんだな、映画に育ててもらったんだな』と思いながら仕事をしました」(中原さん)、「宇崎さんが『音楽には昔を引きずる力がある』と言ってましたが、映画も同じ。子供の頃の映画館のにおいを思い出して懐かしくなりました」(原田さん)と感慨深そうに語ってくれた。この映画館にまつわるコメントで会場の笑いを誘ったのが樋口さん。「比較的新しい作品ですが、『シンドラーのリスト』を観に行ったら、一緒に行った夫(糸井重里さん)が号泣しまして。止めようとすればするほど泣き声が大きくなって…。泣ける映画には二度と一緒に行くまいと決めました」と笑った。

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事