辰巳芳子 スープ の手ほどき 料理研究家 が教える 料理 の極意

辰巳芳子 スープ の手ほどき 料理研究家 が教える 料理 の極意! 辰巳芳子スー...


辰巳芳子 スープ の手ほどき 料理研究家 が教える 料理 の極意

辰巳芳子 スープ の手ほどき 料理研究家 が教える
料理 の極意!

辰巳芳子スープの手ほどき和の部

いのちの食卓』、『 辰巳芳子 の旬を味わう』などの著者で、
各地で「 スープ の会」や料理教室を主宰する 料理研究家
辰巳芳子 さんが スープ の基礎から応用まで説いたのが
『 辰巳芳子 スープ の手ほどき』。

どんな 料理 も手を抜かない 料理研究家 が教える
調理の極意とはいかに?

tatsumi.jpg

スープの達人「みそ汁は具と汁を分けて保存したほうがいい」

本の中で紹介されている スープ はどれも手のぬくもりと
優しさが込められている。

手間ひまを惜しまず、和の スープ に欠かせないだしをひく
煮干しの頭と身は別々に分けて炒り、粉にして使い、
肉や魚は必ず最初に湯引き、 料理 によっては野菜も
湯引くようにと 辰巳芳子 さん。

辰巳芳子 スープの手ほどき 洋の部

そんな面倒くさいこと出来ないと思う方もいるかも
しれませんが、昆布とかつおぶしのだしも1 週間分
時間のある時にまとめてひいて、一番だし、二番だし、
さらには二杯酢、三杯酢、八方汁まで作っておくと
良いそうです。

そうすれば、残りの6日間はそのだしを使って、
おみそ汁もおすましも酢の物も簡単にできるというわけ。

忙しい時にあれもこれもやろうとするから面倒臭く
なっちゃうんですよね(^_^.)

具材にしても、じゃがいも、にんじん、里いも、
どれもまとめて蒸しておき、必要なとき二番だしと
さっと合わせれば、すぐにみそ汁ができます。

わかめなら一度にたっぷり戻して水を切り、
ラップでのり巻きのように巻いて冷凍しておけば、
お豆腐と合わせればすぐにみそ汁にもなるし、
酢の物もできる。

要は、いかに賢く 料理 をするかということなのですね!

葉物も買ってきたその場で、葉と軸に分けてゆで、
すぐに食べる分は二番だしを調味したものに浸けておき、
残りは小分けして冷凍しておくと使い勝手が良い。

丁寧な下ごしらえこそが、本当のおいしさをもたらし、
材料を無駄なく使い切るコツだそう。

さらに、けんちん汁のような汁物は、余った具と汁を
分けて保存するようにとのこと。

辰巳芳子 さんが言うには「別々に保存するほうが、
味がくずれず、おいしさが長持ちします。みそ汁だって
一度に何日分を作ってもいいんです。余ったら具と汁を
分けてとっておき、食べるときに合わせると、いつでも
おいしくいただけます」だそう。

頭の使い方一つ次第で、 料理 も手間ひまかかっては
いるけど、効率よくラクチンにすることが出来るのですね!

勉強になりました(^^)

良かったら、 して下さいね。

関連記事

ローフードカフェ情報

大分市でローフードカフェが
九州初オープン♪
rawfood.jpg
ローフードカフェ情報はコチラ♪

クリアエステヴェール 特集

大分PR特派員ミカ も愛用!
マキアレイベル クリアエステヴェール ♪
薬用クリアエステヴェール
薬用クリアエステヴェール

ブログドアについて

koukoku1.gif koukoku2.gif

プロフィール

イラスト:KAZUKI作 blogdoor3.jpg
ライフブレンダー ミカ
出身地:大分県
使命:大分PR特派員♪
特技:いってん笑顔ちこ!
当サイトでは、ライフブレンダー ミカ が”大分PR特派員”となって、大分の美味しいグルメスポット、飲み処、面白イベントや施設、人気温泉、穴場温泉、観光スポットなど大分の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!
大分の街を思いっきり楽しみ、地元住民の方と語らいながら取材した内容を当サイトにて紹介しています。
大分県民の方はもちろん、出張で来られているサラリーマンの方、県外の方にとっても、大分がさらに魅力的な町となり、笑顔で楽しめるようなお手伝いが出来ればと思い当サイトを立ち上げました。
ここには大分への”愛”があります!時には愛があるゆえの辛口コメントもあるかと思います。
ライフブレンダー ミカ の見たまま、感じたままをお伝えしていますので、ご理解下さい。

RSS FEED

話題のキーワード

最新記事

以前の記事